向ヒ兎堂日記

バンチコミックスより
向ヒ兎堂日記

時代が文明開化の設定
ということは、るろうに剣士の時代です。

その時代で妖怪とか怪談話をするのもだめですし
そういう関係の本をもっているのも禁止されている
といったパラレルワールド的な明治時代なんです。

妖怪がタブー視されているそんな明治初期
妖怪の本を取り扱っている本屋さんがあって
しかものそこの主人がなんと妖怪が見えるんです。
その本やが向ヒ兎堂です。
この書店の主人に妖怪が相談にやってくるんです。
そしてその妖怪を助けるというお話です。

だからこの書店には常に妖怪が出たり入ったり
一緒に生活してたりします。

妖怪モノが好きな人は
これから一気にブレイクするかもしれませんから
ぜひチェックしてみてください。

  • 資格 CAD・・・CADの資格を活かせる業界は、土木・建築、インテリア、アパレル、機械、電気、さらには福祉も